コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙見 みょうけん

4件 の用語解説(妙見の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙見
みょうけん

北極星すなわちこぐま座α星の仏教語。北辰妙見とも呼ばれる妙見菩薩は,国土を守り貧窮を救う神で,北極星としてこの世に現れるという。仏像や絵画には,北極星をめぐる北斗七星が背景として加えられるために,しばしば妙見と北斗が混同される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

みょう‐けん〔メウ‐〕【妙見】

妙見菩薩」の略。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

みょうけん【妙見】

妙見菩薩の略。北極星を神格化したものといわれ,国土を守護し,災厄を除き,福寿を増益するという菩薩。尊星王,北辰菩薩ともいう。形像は一定しないが,二臂像,四臂像の形で,雲中に結跏趺坐する姿,青竜に乗る姿などに描かれる。天台宗園城寺(三井寺)では吉祥天と同体と説く。これを勧請し延命や除災,とくに眼病平癒のため修する法を北斗七星法という。日本の妙見信仰平安時代すでに行われていたとみられ,《日本霊異記》には妙見神が霊験を現した話が収められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

みょうけん【妙見】

「妙見菩薩」の略。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妙見の関連キーワード北辰権現妙見菩薩極星大菩薩日天子女菩薩妙見講太一星能勢妙見豊斟渟尊

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

妙見の関連情報