コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

妙見 みょうけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

妙見
みょうけん

北極星すなわちこぐま座α星の仏教語。北辰妙見とも呼ばれる。妙見菩薩は,国土を守り貧窮を救う神で,北極星としてこの世に現れるという。仏像や絵画には,北極星をめぐる北斗七星が背景として加えられるために,しばしば妙見と北斗が混同される。北斗は天帝を守る剣であるという伝説から,妙見は武運を守ると信じられ,平将門,加藤清正など武将はこれを守り神とした。 (→北辰 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

みょう‐けん〔メウ‐〕【妙見】

妙見菩薩」の略。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

みょうけん【妙見】

妙見菩薩の略。北極星を神格化したものといわれ,国土を守護し,災厄を除き,福寿を増益するという菩薩。尊星王,北辰菩薩ともいう。形像は一定しないが,二臂像,四臂像の形で,雲中結跏趺坐する姿,青竜に乗る姿などに描かれる。天台宗園城寺(三井寺)では吉祥天同体と説く。これを勧請し延命や除災,とくに眼病平癒のため修する法を北斗七星法という。日本の妙見信仰平安時代すでに行われていたとみられ,《日本霊異記》には妙見神が霊験を現した話が収められている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

みょうけん【妙見】

「妙見菩薩」の略。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

妙見の関連キーワードアメノミナカヌシノカミ(天之御中主神)和歌山県伊都郡かつらぎ町滝大阪府豊能郡能勢町野間中大阪府南河内郡太子町春日熊本県天草市天草町下田南山口県山口市徳地八坂福島県いわき市四倉町山口県山口市大内御堀大阪府豊能郡豊能町山口県下松市河内山口県下松市中市兵庫県篠山市藤坂大阪府交野市星田新川渓谷温泉郷発光路の強飯式能勢[町]天草〈町〉能勢妙見山能勢妙見堂車塚古墳

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

妙見の関連情報