コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

小倉北区 こくらきた

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

小倉北〔区〕
こくらきた

福岡県北東部,北九州市の中央にある区。1900年市制(小倉市)。1963年小倉市,門司市,若松市,八幡市,戸畑市の 5市合体で誕生した北九州市小倉区が,1974年小倉南区小倉北区に分割。小倉北区は中心市街地で,初め細川氏 39万9000石,のち小笠原氏 15万石の城下町,豊前国の政治,経済,文化の中心として発達。1933年に陸軍造兵廠が移ってきて軍都的性格を強めた。今日では北九州市の政治,商業,金融の中心地で,新聞社,放送局などの報道機関がある。さらに鉄鋼,化学,電機,窯業,金属,印刷などの大工場が立地し,北九州工業地域の一部をなす。小倉城森林公園,到津の森公園などの名所がある。山陽新幹線が通じ JR鹿児島本線から日豊本線日田彦山線を分岐し,北九州都市高速4号線,国道3号線,10号線などの通る交通の要地で,松山,徳島のほか,神戸,東京へのフェリーもある。面積 39.23km2。人口 18万1878(2015)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こくらきた‐く【小倉北区】

小倉北

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の小倉北区の言及

【小倉】より

…1900年市制。63年門司,戸畑,八幡,若松の4市と合体して北九州市を形成,小倉区となり,74年に小倉北区,小倉南区に分かれた。企救(きく),貫(ぬき),福智の断層山地が広がり,その間を北流する紫川の三角州に中心市街が位置する。…

※「小倉北区」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

小倉北区の関連キーワード福岡県北九州市小倉北区城野団地福岡県北九州市小倉北区東城野町福岡県北九州市小倉北区若富士町福岡県北九州市小倉北区片野新町福岡県北九州市小倉北区古船場町福岡県北九州市小倉北区萩崎町福岡県北九州市小倉北区西港町福岡県北九州市小倉北区東篠崎福岡県北九州市小倉北区緑ケ丘福岡県北九州市小倉北区三萩野福岡県北九州市小倉北区長浜町福岡県北九州市小倉北区中井口福岡県北九州市小倉北区竪林町福岡県北九州市小倉北区高峰町福岡県北九州市小倉北区常盤町福岡県北九州市小倉北区富野台福岡県北九州市小倉北区妙見町福岡県北九州市小倉北区中井浜福岡県北九州市小倉北区明和町福岡県北九州市小倉北区黒住町

小倉北区の関連情報