コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

足結・脚結 あゆい

大辞林 第三版の解説

あゆい【足結・脚結】

上代、男子が外出や正装のとき、袴の上から膝下あたりで結ぶ紐ひも。鈴や玉をつけることもあった。あしゆい。あよい。 ⇔ 手結たゆい 「宮人の-の小鈴落ちにきと/古事記
富士谷成章の用いた文法用語。現在の助詞・助動詞・接尾語などに相当する。 → 挿頭抄かざししよう

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

足結・脚結の関連キーワード富士谷成章挿頭抄

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android