足達八郎(読み)あだち はちろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plus「足達八郎」の解説

足達八郎 あだち-はちろう

1777-1821 江戸時代後期の武術家。
安永6年生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)柳河(やながわ)藩士。電撃抜討流と景流居合術の奥義を修得し,両流師範となる。享和元年病弱な母と杖立温泉に湯治中,肥前佐賀藩士岩原藤兵衛らにをかかされて決闘し,6人をきった。文化11年蔵目付役。文政4年1月23日死去。45歳。名は盛永。足立ともかく。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android