コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

距離指数 キョリシスウ

デジタル大辞泉の解説

きょり‐しすう【距離指数】

見かけの等級から絶対等級を引いた差。天体の距離を示すのに使う。天体が遠くにあるほど指数は大きくなる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

距離指数【きょりしすう】

天体の見かけの等級と絶対等級の差のことで,天体までの距離を表すのに用いられる。見かけの等級をm,絶対等級をM,パーセクで表した天体の距離をrとすると,m−M=−5.0+5.0log1(/0)rの関係がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょりしすう【距離指数 distance modulus】

天体の距離の表現法の一つで,天体の見かけの等級mと絶対等級Mの差mMをいう。絶対等級とは10パーセク(32.6光年)の距離から見た天体の等級のことである。1等級差は光量にして100.4倍の差に等しいこと,光の強さは距離r(パーセク)の2乗に逆比例することから,天体の距離指数と距離r(パーセク)との関係はmM=-5.0+5.0log10rによって与えられる。【宮本 昌典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

距離指数の関連キーワード距離指数(天文学)

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android