距離指数(読み)キョリシスウ

デジタル大辞泉の解説

きょり‐しすう【距離指数】

見かけの等級から絶対等級を引いた差。天体の距離を示すのに使う。天体が遠くにあるほど指数は大きくなる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

距離指数【きょりしすう】

天体の見かけの等級と絶対等級の差のことで,天体までの距離を表すのに用いられる。見かけの等級をm,絶対等級をM,パーセクで表した天体の距離をrとすると,m−M=−5.0+5.0log1(/0)rの関係がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

きょりしすう【距離指数 distance modulus】

天体の距離の表現法の一つで,天体の見かけの等級mと絶対等級Mの差mMをいう。絶対等級とは10パーセク(32.6光年)の距離から見た天体の等級のことである。1等級差は光量にして100.4倍の差に等しいこと,光の強さは距離r(パーセク)の2乗に逆比例することから,天体の距離指数と距離r(パーセク)との関係はmM=-5.0+5.0log10rによって与えられる。【宮本 昌典】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android