跡着小袖(読み)あとぎこそで

精選版 日本国語大辞典の解説

あとぎ‐こそで【跡着小袖】

〘名〙 江戸新吉原の遊女などが、正月の元日、二日に抱え主の出す仕着せで年礼をした後、三日から着る各自好みの小袖。あとぎ。
※洒落本・百安楚飛(1779)「客よりものずきにて、金銀をちりばめ、もよふの趣向をあらそひ、我おとらじと着かざる、是を跡着小袖(アトギコソデ)といふ也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android