コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

仕着せ/為着せ/四季施 シキセ

デジタル大辞泉の解説

し‐きせ【仕着せ/為着せ/四季施】

主人が使用人に、季節に応じた衣服を与えること。また、その衣服。おしきせ。
「仲働(なかばたらき)を雇うとしますと、給金から、年二度の―から」〈二葉亭其面影
江戸時代、幕府が右筆(ゆうひつ)同朋(どうぼう)などに時服を支給したこと。おしきせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

仕着せ/為着せ/四季施の関連キーワードストリート・ファッションディスク・ジョッキーやぶ入り(藪入り)ヘンリー(7世)サービス介助士総物・惣物柿衣・柿麻御仕着せ暑気払い仕着せ代タバード入れ立て伊勢縞スーツ印半纏柿衣縕袍百座看板号衣

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android