コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

路益人 みちの ますひと

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

路益人 みちの-ますひと

?-? 飛鳥(あすか)時代の官吏。
壬申(じんしん)の乱(672)の功臣のひとり。大海人(おおあまの)皇子が吉野から伊勢(いせ)にはいったとき,山部王,石川王が鈴鹿関(すずかのせき)にとどめられているとの報告をうけた大海人皇子の命により,両王をよびよせるために派遣された。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

路益人の関連キーワードあすか壬申官吏