路考(読み)ろこう

精選版 日本国語大辞典「路考」の解説

ろこう ロカウ【路考】

[1] 歌舞伎の女形役者、瀬川菊之丞代々俳名。特に、明和一七六四‐七二)頃の二世菊之は王子路考とも呼ばれ、容貌美麗の評判が高かった。
※雑俳・川柳評万句合‐明和四(1767)義五「ろこうにもおさおさまけぬ娵を取」
[2] 〘名〙
咄本聞上手(1773)比丘尼「帯は黒襦子の幅広を路考(ロカウ)にむすんでの」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

李下に冠を正さず

《スモモの木の下で冠をかぶりなおそうとして手を上げると、実を盗むのかと疑われるから、そこでは直すべきではないという意の、古楽府「君子行」から》人から疑いをかけられるような行いは避けるべきであるというこ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android