コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身延参り ミノブマイリ

デジタル大辞泉の解説

みのぶ‐まいり〔‐まゐり〕【身延参り】

身延山久遠寺に参詣すること。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

みのぶまいり【身延参り】

身延山久遠寺に参詣すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身延参り
みのぶまいり

山梨県南巨摩(みなみこま)郡身延町にある日蓮(にちれん)宗総本山の身延山久遠(くおん)寺に参詣(さんけい)すること。日蓮宗の信者は一生に一度はここに参詣するものとしており、病気平癒のために参籠(さんろう)したり、死者に関しては位牌(いはい)や分骨を納める人もある。また信者が地域ごとに、身延講または題目講と称する講集団を結成し、団体や代参の形で参詣することも盛んである。現在は東京都、福岡県、長崎県佐世保(させぼ)市などに別院ができている。新興宗教団体の霊友会は、身延講の発展したものである。[井之口章次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

身延参りの関連キーワード身延山久遠寺身延(町)身延講

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android