コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

久遠寺 クオンジ

デジタル大辞泉の解説

くおん‐じ〔クヲン‐〕【久遠寺】

山梨県南巨摩(みなみこま)郡身延(みのぶ)町にある日蓮宗総本山。山号は身延山、院号は妙法華院。文永11年(1274)入山した日蓮のために波木井実長(はきいさねなが)らが西谷に小庵をつくったのに始まる。15世紀後半、日朝が大伽藍を造営した。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

久遠寺【くおんじ】

山梨県南巨摩郡身延町にある日蓮宗総本山。山号身延山。1281年波木井実長が佐渡流罪より帰った日蓮に寄進。1282年日蓮没後,廟所とし,日蓮高弟の六老僧が輪番で住持。
→関連項目熱原法難加山又造寺院法度七面山日蓮宗身延[町]身延山地身延線山梨[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くおんじ【久遠寺】

山梨県南巨摩郡身延町にある日蓮宗総本山。身延山妙法華院と号する。日蓮が1274年(文永11)から82年(弘安5)にかけて在住した旧跡で,のちその廟所が寺院化して久遠寺となった。日蓮没(1282)後,その遺言により廟所が身延に置かれ,門弟の輪番による廟所への奉仕が制定された。しかし,やがて行われなくなり,日興(につこう)が主としてこれに当たり,日向(にこう)も身延に来て学頭を務めたが,身延の地を寄進した日蓮の檀越(だんおつ)波木井(はきい)実長と日興との間に不和が生じ,日興は88年(正応1)駿河に去ったので,日向が住持=貫首(かんず)となり,身延門流日向門流の拠点とした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

くおんじ【久遠寺】

山梨県の身延山にある日蓮宗の総本山。身延山妙法華院。1274年日蓮が入山して庵を結び、81年その地に甲斐の豪族波木井実長はきいさねながが堂宇を建立したのに始まる。日蓮の没後、その遺骨が納められた。身延山。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

久遠寺
くおんじ

山梨県南巨摩(みなみこま)郡身延(みのぶ)町にある日蓮(にちれん)宗総本山。通称身延山。日蓮は佐渡流罪赦免後も蒙古(もうこ)襲来を予言し幕府を諫(いさ)めたが、三度目の諫暁(かんぎょう)ののち、1274年(文永11)甲州波木井(はきり)の地頭(じとう)波木井六郎実長(さねなが)の迎えを受けて、6月17日身延山西谷(御草庵(ごそうあん)跡の地)へ入ったのに始まる。身延は、釈迦(しゃか)が『法華経(ほけきょう)』を説いた霊鷲山(りょうじゅせん)に似、天台大師の修法の地天台山に異ならないと称し、53歳より9年間滞在した。その間、多くの弟子が訪れ、7年後に10間四面の本堂が建てられた。日蓮はここで『顕立正意鈔(けんりゅうしょういしょう)』『撰時鈔(せんじしょう)』『報恩鈔(ほうおんしょう)』『教行証(きょうぎょうしょう)御事』『諫暁八幡鈔』『三大秘法稟承事(ぼんじょうのこと)』など多くの著作をなした。61歳のとき身延を出、武蔵(むさし)国(東京都)池上宗仲(いけがみむねなか)の邸(やしき)で没したが、遺言により遺骨は身延へ埋葬され、六老僧が1か月ごとの輪番制で廟(びょう)を守った。のちに日向(にこう)が寺主となり、第二祖とされた。1474年(文明6)第十一祖日朝(にっちょう)が現在の地に大伽藍(がらん)を造営した。戦国時代は、武田氏の帰依(きえ)を得、江戸時代には豊臣(とよとみ)秀吉の姉日秀尼が堂宇を増修、徳川家康・秀忠(ひでただ)が判物を与えた。徳川家により10万石を寄進され、上人(しょうにん)号を勅許された。現在、本堂、祖師堂、御真骨(ごしんこつ)堂、三門、思親閣(ししんかく)(奥の院)、宝物館ほか多くの建物を有し、寺宝に徽宗(きそう)筆絹本着色「夏景山水図」(国宝)、鎌倉古写本『本朝文粋』『宋版礼記(らいき)正義』『釈迦八相(しゃかはっそう)図』(いずれも国重要文化財)などがある。なお、七面山(しちめんざん)は日朗(にちろう)の登山開闢(かいびゃく)の霊地。開闢会(え)(6月15~17日)、御会式(おえしき)(10月11~13日)などの行事を行う。[田村晃祐]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の久遠寺の言及

【甲斐国】より

…臨済宗は13世紀の後半,二度にわたって甲斐に流された鎌倉建長寺開山宋僧蘭渓道隆(らんけいどうりゆう)によって基礎が築かれたが,1330年(元徳2)夢窓疎石が笛吹川上流牧荘に恵林寺(塩山市)を,その半世紀後抜隊得勝(ばつすいとくしよう)が塩山のふもとに向嶽寺(同)を建て,ますます繁栄におもむいた。また日蓮は,1274年(文永11)甲斐源氏の一族波木井実長の招きを受けて身延の地に久遠寺(くおんじ)を建てた。 戦国時代の甲斐は武田信虎・信玄(晴信)・勝頼3代による領国統一時代である。…

【身延[町]】より

…西の身延山地と東の天守山地の両山麓を占め,中央部を富士川が南流する。中心の身延は日蓮宗総本山身延山久遠(くおん)寺の門前町として発展してきた。山林が約80%を占める山岳地帯で,杉,ヒノキの造林が進められ,近世下山地区には宮大工が多かった。…

【身延山】より

…東側は1000m近い断層(身延衝上断層)崖で富士川の谷に臨み,西は糸魚川‐静岡構造線上の春木川の谷へ下るが,山頂は準平原のなごりをとどめ,平たんである。地質は,第三紀中新世中・後期の地層より成り,山腹の久遠(くおん)寺付近では泥岩,より高所では安山岩(火山角レキ岩および凝灰岩)である。身延山の名称は,一般には山名よりも日蓮宗総本山身延山久遠寺,または日蓮宗法城の域内(北は身延山,南は鷹取山,東は寺平の峰,西は春木川に限られる範囲)を指す。…

※「久遠寺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

久遠寺の関連情報