コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

題目講 ダイモクコウ

世界大百科事典 第2版の解説

だいもくこう【題目講】

日蓮系の法華仏教信奉者が営む講。〈南無妙法蓮華経〉と法華経題目を唱えることを営為の中心とするので題目講とよばれる。その多くは日蓮(1282年10月13日没)の忌日である13日やその逮夜に当たる12日に営まれ,13日講ともいった。早くは鎌倉時代末期にみられ,日蓮鑽仰とともに一家一族連帯の促進を目的として,血縁関係が講構成員の紐帯であった。しかし中世においても,しだいに同一地域居住という地縁を紐帯とする講が営まれるようになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

だいもくこう【題目講】

日蓮宗の信者の講。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

題目講の関連キーワード団扇太鼓身延参り

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android