コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

身替りお俊 みがわりおしゅん

世界大百科事典 第2版の解説

みがわりおしゅん【身替りお俊】

歌舞伎舞踊の曲名。富本本名題《花川戸身替の段》。作詞初世桜田治助。作曲名見崎徳治(得寿斎)。1783年(天明3)江戸中村座正月狂言《江戸花三升曾我(えどのはなみますそが)》の3月から出た二番目浄瑠璃。1825年(文政8)清元に移して本名題は《其噂桜色時(そのうわささくらのいろどき)》。花川戸の芸者お俊,実は景清の娘人丸は,相愛井筒屋伝兵衛(実は源氏の侍)と縁を切る。伝兵衛には,お俊の前の主人園生の前を討ち取る使命があった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

身替りお俊
みがわりおしゅん

歌舞伎(かぶき)劇。富本(とみもと)節を使った半舞踊劇で、本名題(ほんなだい)『花川戸身替(はなかわどみがわり)の段(だん)』。初世桜田治助(じすけ)作詞、名見崎徳治(なみざきとくじ)作曲。1783年(天明3)春、江戸・中村座で4世岩井半四郎のお俊、2世市川八百蔵(やおぞう)の伝兵衛、2世市川門之助の白藤源太(しらふじげんだ)により初演。花川戸の芸者お俊が旧主園生(そのう)の前を助けるため、力士白藤源太に恋慕とみせ、わざと相愛の井筒屋伝兵衛と縁を切り、心を察した源太の手にかかって身替りとなる。伝兵衛への愛想づかしと源太へのクドキが中心。お俊が湯上(ゆあが)り姿で登場するので、「湯上りお俊」の別称もある。のち清元(きよもと)に改曲(清元斎兵衛作曲)され、1825年(文政8)3月、中村座で『其噂桜色時(そのうわささくらのいろどき)』の名題により上演。現代ではもっぱらこれが演じられる。[松井俊諭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

身替りお俊の関連キーワード名見崎徳治(初代)桜田治助(1世)お俊・伝兵衛藤間勘兵衛お俊伝兵衛歌舞伎舞踊富本節