コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車内広告 シャナイコウコク

2件 の用語解説(車内広告の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃない‐こうこく〔‐クワウコク〕【車内広告】

電車やバスなどの中に掲示される広告。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車内広告
しゃないこうこく

交通広告の一つで、電車やバスをはじめとする交通機関の車内に表示される広告。車両広告ともいう。広告が掲示される位置により呼称があり、代表的なものとして、中吊(なかづ)り(通路上部のホルダーから吊り下げる)、窓上(車両側面の網棚上部に掲出する)、ドア横(額縁型で戸袋に掲出する)、ドア上(ドアの上に掲出する)、ステッカー(ドアやドア横上部および壁面に貼(は)る)、吊革広告(小型で吊革部分に掲出する)がある。バスの場合は、中吊りと窓上を利用して掲出する広告が主である。なかでも、電車の中吊り広告は、週刊誌や月刊誌の発売告知、新製品のキャンペーンなどに欠かせない広告として、交通広告を代表するものとされてきた。日本で最初の中吊り広告は、1885年(明治18)に馬に曳(ひ)かせた馬車鉄道における車内広告であった。車内広告の第1号は、1878年に掲出された乗り物の酔い止めの広告である。
 近年は液晶画面を使って映像や文字情報を表示する電子看板(デジタルサイネージ)が、ドア上や窓上に設置されるようになった。加えて、ホームや駅構内、停留所などに設けられた大型ビジョンを用い、車内と駅構内などで連動した動画広告を表示できるようになった。これに伴い、車内広告の同義語として、車両メディアということばが使われるようになってきた。
 車内広告は、交通機関の利用者を対象とするため、他の広告手段とは異なる特徴をもつ。反復性や連続性のある訴求効果、駅と購買拠点が接続しているリーセンシー効果、強制的な視認効果などに優れているとして定着している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の車内広告の言及

【交通広告】より

…1826年の宝くじ売出しの広告馬車や30年にニューヨークを駆け回ったゴスリング靴墨の馬車はとくに有名。日本でも1885年に東京の鉄道馬車会社が車内広告を開始している。現代では交通機関の発達に伴って,電車,汽車,バス,タクシーのほかに船着場や空港ロビー内の看板,船舶や航空機の内部の広告などにまで及んでいる。…

※「車内広告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

車内広告の関連キーワードアドワーズ運行屋外広告物新聞広告吊り革中吊り回送ドアコック間引き運転モバイル広告

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車内広告の関連情報