コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車内広告 シャナイコウコク

2件 の用語解説(車内広告の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

しゃない‐こうこく〔‐クワウコク〕【車内広告】

電車やバスなどの中に掲示される広告。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

車内広告
しゃないこうこく

交通広告の一つで、電車やバスをはじめとする交通機関の車内に表示される広告。車両広告ともいう。広告が掲示される位置により呼称があり、代表的なものとして、中吊(なかづ)り(通路上部のホルダーから吊り下げる)、窓上(車両側面の網棚上部に掲出する)、ドア横(額縁型で戸袋に掲出する)、ドア上(ドアの上に掲出する)、ステッカー(ドアやドア横上部および壁面に貼(は)る)、吊革広告(小型で吊革部分に掲出する)がある。バスの場合は、中吊りと窓上を利用して掲出する広告が主である。なかでも、電車の中吊り広告は、週刊誌や月刊誌の発売告知、新製品のキャンペーンなどに欠かせない広告として、交通広告を代表するものとされてきた。日本で最初の中吊り広告は、1885年(明治18)に馬に曳(ひ)かせた馬車鉄道における車内広告であった。車内広告の第1号は、1878年に掲出された乗り物の酔い止めの広告である。
 近年は液晶画面を使って映像や文字情報を表示する電子看板(デジタルサイネージ)が、ドア上や窓上に設置されるようになった。加えて、ホームや駅構内、停留所などに設けられた大型ビジョンを用い、車内と駅構内などで連動した動画広告を表示できるようになった。これに伴い、車内広告の同義語として、車両メディアということばが使われるようになってきた。
 車内広告は、交通機関の利用者を対象とするため、他の広告手段とは異なる特徴をもつ。反復性や連続性のある訴求効果、駅と購買拠点が接続しているリーセンシー効果、強制的な視認効果などに優れているとして定着している。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の車内広告の言及

【交通広告】より

…1826年の宝くじ売出しの広告馬車や30年にニューヨークを駆け回ったゴスリング靴墨の馬車はとくに有名。日本でも1885年に東京の鉄道馬車会社が車内広告を開始している。現代では交通機関の発達に伴って,電車,汽車,バス,タクシーのほかに船着場や空港ロビー内の看板,船舶や航空機の内部の広告などにまで及んでいる。…

※「車内広告」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

車内広告の関連情報