交通広告(読み)こうつうこうこく

日本大百科全書(ニッポニカ)「交通広告」の解説

交通広告
こうつうこうこく

交通機関の管理する車両内外、駅、用地などを利用して掲出する各種広告の総称。1820年代ロンドンで側面に広告が描かれた大箱を馬車に乗せたのがその創始である。この広告馬車は1853年に禁止されるが、1930年代にアメリカにおいて「ゴスリング靴クリーム」の箱馬車として復活する。日本では1878年(明治11)に鉄道広告として、乗り物の酔い止め薬(鎮嘔丹)の車内広告を実施したのが最初で、1900年(明治33)ごろには隅田(すみだ)川の「一銭蒸気」のポスターも登場した。鉄道省は1911年以来「広告取扱手続・広告掲出規約」に基づいて、広告の統一的取扱いを実施してきたが、これは「鉄道広告取扱規則」として現在も残されている。交通広告の料金は、その乗降客数に応じて定められる。公衆を相手とする公共的機関であるため、利殖や風俗に関する広告に対する規制は厳しく、交通広告取扱業者で組織する日本鉄道広告協会では倫理綱領を制定している。

 交通広告の代表的なものは車内広告で、これには中吊(なかづ)り広告(車内吊り)、額面(がくめん)広告(天井側面の枠)、吊皮(つりかわ)広告、欄間(らんま)広告(出入口の上の枠)などがある。そのほか、車体の側面または前後に取り付けられる車外広告や駅広告板、駅名標示板、駅階段、ポスター、ベンチ、鉄道用地内での建植(けんしょく)看板、またバスやタクシーの広告、空港での広告、航空機内でのビデオ・スクリーン、船内での広告など、多種多様である。とくに車内広告は、都市の人口集中化と通勤圏の拡大、交通機関の発展に伴って、毎日往復利用する多くの乗客たちの注目率は高く、訴求効果が大きい。

[島守光雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「交通広告」の解説

交通広告【こうつうこうこく】

電車やバスの車内の中吊り広告,ドア上・横の額面広告,駅構内に貼られたポスター,線路沿いに並ぶ巨大な広告板など,交通機関関連の場所に掲示される広告のこと。最近の交通広告にはときに新しい試みが見られる。そのひとつは1編成の電車内をそっくりひとつの広告で埋めるもので,ブロックバスター(高性能爆弾広告),あるいは広告主が広告スペースをすべて占領することからメディアジャックとも呼ばれる。また1996年のアトランタオリンピック開催中に,JR東日本(東日本旅客鉄道)と営団地下鉄帝都高速度交通営団)が前日の競技の写真を始発電車から掲示し,話題となった。この広告は,速報性に欠けるといわれる交通広告にとって画期的であった。そのほか缶ビールの缶のデザインをポスターにし,駅構内の丸い柱に巻き付け,缶ビールに見たてたアド・ピラーと呼ばれる広告が出現した。
→関連項目サーキュレーションメディア・ミックス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版「交通広告」の解説

こうつうこうこく【交通広告】

交通輸送機関の管理する車両の内外および駅舎,用地などを利用して掲出する広告。車両の外部にある外側広告,内部の中づり,額面,つり皮,欄間の各広告,駅舎では駅名標示板,階段,ベンチ,ポスター,用地内では建植(けんしよく)広告,野立ち看板など,多種多様にわたっている。交通広告の起源は,1820年代,側面に広告を描いた大箱をのせたロンドンにおける広告馬車であるといわれる。1826年の宝くじ売出しの広告馬車や30年にニューヨークを駆け回ったゴスリング靴墨の馬車はとくに有名。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

景気ウォッチャー調査

内閣府が2000年1月から毎月実施している景気動向調査。生活実感としての景況感を調査するのが狙い。具体的にはタクシーの運転手、小売店の店長、娯楽施設の従業員、自動車ディーラー、派遣従業員、設計事務所所...

景気ウォッチャー調査の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android