コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車匿(読み)シャノク

デジタル大辞泉の解説

しゃのく【車匿】

《〈梵〉Chandakaの音写》前5世紀ごろのインドの僧。釈迦(しゃか)が王城を後にして出家したとき、その馬を引いたという。釈迦の没後、阿難について修行し、阿羅漢となったといわれる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しゃのく【車匿】

Chandaka〕 釈迦出家の際に城外まで馬を引いて従った僕しもべ。のち仏弟子となったが比丘びくたちを軽侮し、悪口車匿と呼ばれたと伝える。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

諂う/諛う

[動ワ五(ハ四)]人の気に入るように振る舞う。また、お世辞を言う。おもねる。追従(ついしょう)する。「上司に―・う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android