車声(読み)しゃせい

大辞林 第三版の解説

しゃせい【車声】

車輪の音。 「遠雷の如き康衢こうくの-/日乗 荷風

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐せい【車声】

〘名〙 車輪などがごろごろ回る音。車が走るときに出す響き。
※扶桑集(995‐999頃)七・重賦雲字〈橘在列〉「雖朝市林麓、深巷車声漸不聞」
※火の柱(1904)〈木下尚江〉二一「忽ち轣轆(れきろく)たる車声、万籟死せる深夜の寂寞を驚かして」 〔後漢書‐臧宮伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミュージックの日

3月19日。1991年、日本音楽家ユニオンが制定。音楽家・ミュージシャンの現状の理解を求め、改善に向けてのPRイベントを行う。日付は「319(ミュージック)」の語呂合わせから。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android