轣轆(読み)れきろく

精選版 日本国語大辞典「轣轆」の解説

れき‐ろく【轣轆】

〘名〙 (形動タリ) 車のとどろき。また、そのさま。轆轆(ろくろく)轣轣
※柳湾漁唱‐一集(1821)送原士簡奉乃堂赴柏崎旧寓「緑樹城頭望不窮、鹿車轣轆路連空」
※婦系図(1907)〈泉鏡花〉後「早やの外を轣轆(レキロク)として車が行く」 〔蘇軾‐次韻舒教授寄李公択詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「轣轆」の解説

れき‐ろく【××轆】

[名]車のわだち。また、車のとどろき。
[ト・タル][文][形動タリ]馬車などが音をたてて走るさま。轆轆(ろくろく)。
「早や門の外を―として車が行く」〈鏡花婦系図

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

与党・野党

一般には、与党とは政権を担当している政党(政府党・政権党)、野党とは政権の座についていない政党(在野党)をさす。元来、この与党・野党という語は、二大政党制による議会政治・政党政治が円滑に行われていた国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android