コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂寞 ジャクマク

デジタル大辞泉の解説

じゃく‐まく【寂×寞】

[名・形動]ひっそりしていてさびしいこと。また、そのさま。せきばく。
「何となく斯う―な瞑想に耽って居るようで」〈藤村破戒
[ト・タル][文][形動タリ]さびしく、静かなさま。
「路上の小砂利が―とした光の中に」〈二葉亭訳・片恋

せき‐ばく【寂×寞】

[ト・タル][文][形動タリ]
ひっそりとして寂しいさま。じゃくまく。
「人居を遠く離れた―たる別世界にも」〈柳田・山の人生〉
心が満たされずにもの寂しいさま。じゃくまく。
「斯ういう―たる団欒(だんらん)の中に」〈漱石行人

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

じゃくまく【寂寞】

( トタル ) [文] 形動タリ 
静かでひっそりとしているさま。せきばく。 「古き墳墓が-として存在する間に/趣味の遺伝 漱石

せきばく【寂寞】

( トタル ) [文] 形動タリ 
ひっそりとしてさびしいさま。じゃくまく。 「 -として人影もない街」 「俊三は-たる深夜の枕に独り目を開いて/良人の自白 尚江

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

寂寞の関連情報