コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

車掛(読み)くるまがかり

百科事典マイペディアの解説

車掛【くるまがかり】

中世陣法の一つ。車懸とも。先手・二番手・三番手と攻めかかって,幾めぐり目かに敵の旗本主君の直衛武士団)と味方の旗本とが打ち合う。川中島の戦武田信玄に肉迫した上杉謙信はこの戦法をとった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android