コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軍師拳 グンシケン

デジタル大辞泉の解説

ぐんし‐けん【軍師拳】

室内遊戯の一種。参加者が二組に分かれ、それぞれに軍師を置き、その指揮のもとに出すべき手を決めて勝負するもの。ふつう、狐拳(きつねけん)(藤八拳)で行う。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ぐんしけん【軍師拳】

室内遊戯の一。同人数の二組に分かれ、それぞれ軍師を定め、軍師は出すべき手を相手に見えないように競技者に伝えて勝負をする。負けると一人ずつ相手に取られる。普通、狐拳きつねけんで行う。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

軍師拳の関連キーワード室内遊戯

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android