コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

狐拳 きつねけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

狐拳
きつねけん

じゃん拳に類似した,指や腕を使って勝敗を争う遊技。向かい合って正座した2人がお互いに,キツネ・猟師・庄屋いずれかの姿勢を出し合う。キツネは両手を開き耳のあたりに上げてキツネの耳の形にし,猟師は両手で握りをつくり鉄砲を構えるようにし,庄屋は両手を開いてひざの上に置く。キツネは庄屋を化かして庄屋に勝ち,猟師はキツネに勝ち,庄屋は立場が強いので猟師に勝つというルールになっている。藤八拳 (とうはちけん) ,庄屋拳,在郷拳,名主拳など多くの名称をもち,江戸時代に酒席の座興として始まったものとされるが,いずれもキツネ・猟師・庄屋の三すくみによって勝ち負けが決められる。 (→ )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

狐拳【きつねけん】

の一種。庄屋拳,藤八拳(とうはちけん)ともいう。キツネ(両手を開いて両耳辺にあげる),庄屋(両手を膝(ひざ)上に置く),鉄砲(左手の拳を握って前に出し,右肘(ひじ)を張って鉄砲を撃つ構えをする)の三つの仕種があり,キツネは庄屋に,庄屋は鉄砲に,鉄砲はキツネに勝つ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

きつねけん【狐拳】

拳の一種。両手を開いて両耳のあたりにあげるのを狐、肩を張って両手を膝の上に置くのを庄屋、握った左手を前に出すのを鉄砲(狩人かりゆうど)という。狐は庄屋に、庄屋は鉄砲に、鉄砲は狐に勝つ。庄屋拳。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の狐拳の言及

【拳】より

…このように1から10までと〈無し〉の11種で,これを中国語音で呼ぶ。
[三すくみ拳]
 おもなものとして狐拳(庄屋拳,藤八拳ともいう),虫拳,虎拳,石拳(じゃんけん)などがあるが,さらに狐拳から変容した柳拳,尾上拳,深川拳,ちょん脱拳,お上げのお手を,おいでなさい,廻り拳,供(とも)せ供せなどがある。また拳をつかわず,狐拳を言葉で行うめくら拳もある。…

※「狐拳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

狐拳の関連キーワード鉄砲・鉄炮ちょんきな拳囃子軍師拳お祭三竦

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android