転造加工(読み)てんぞうかこう(英語表記)rolling

翻訳|rolling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

転造加工
てんぞうかこう
rolling

塑性加工の一種で,加工すべき素材を転動させながら,特殊な工具 (転造工具) を押しつけて成形する圧延加工のこと。一般には室温での冷間加工で行われるが,大型のものでは素材を予熱する熱間加工の場合もある。加工製品は,切削加工によるものよりも強度的にすぐれ,材料のむだが少く,量産的であるので,ねじ,歯車,スプライン,セレーションなどの製作に活用されている。加工に用いる機械を転造盤といい,通常対象とする製品の名称をつけて,ねじ転造盤,歯車転造盤などと呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

一代年寄

相撲界に大きな功績を残した力士に認められる年寄のことで,理事会が決定する。日本相撲協会にある 105の年寄名跡のほかに,力士名がそのまま年寄名とされる。資格は本人1代かぎりで,定年または廃業すれば自然...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android