コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軻遇突智神 かぐつちのかみ

2件 の用語解説(軻遇突智神の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

軻遇突智神 かぐつちのかみ

記・紀にみえる火の神。
伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と伊奘冉尊(いざなみのみこと)の子。生まれたときに母神の陰所をやいたため,母神は死ぬ。おこった父神にきりころされ,その血から岩石神,雷神らが,死体からは8種の山津見神(やまつみのかみ)が生まれたという。「古事記」では迦具土神とかく。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軻遇突智神
かぐつちのかみ

日本神話の火神。伊弉諾(いざなぎ)・伊弉冉(いざなみ)二神の子で、火之迦具土神(ひのかぐつちのかみ)、火之夜芸速男神(ひのやぎはやおのかみ)、火之毘古神(ひのかがびこのかみ)(古事記)、火産霊(ほむすひ)、厳香来雷(いつのかくつち)(日本書紀)、火結神(ほむすびのかみ)(鎮火祭祝詞(ほしずめのまつりののりと))ともいう。母神伊弉冉尊は、火神を生んだために女陰を焼かれてこの世を去るが、これは火が女陰から得られたという神話の一種であると同時に、火神誕生によって女の創造神が別離するのは、火の獲得が人間生活にとって画期的なことであったのを物語る。火は人間にとって、効用と災厄の二面をもつものである。『日本書紀』一書および「鎮火祭祝詞」で、火神誕生直後に水神、土神、匏(ひさご)、川菜(かわな)(水中の草、藻などのこと)が生まれるのは、火の災厄を鎮めるためである。そして父神に殺害された火神の血(焔(ほのお))が岩石に飛びついて、剣神経津主神(ふつぬしのかみ)や甕(みか)(土器)の神が出現するのは、火の利用によって製錬や土器生産の文化の時代が展開したことを物語る。[吉井 巖]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone