コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軽油機関(読み)けいゆきかん(英語表記)light oil engine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軽油機関
けいゆきかん
light oil engine

軽油を燃料とするディーゼル機関のこと。特に高速ディーゼル機関の場合,その沸点範囲,粘度圧縮点火性などの燃料性状に対する要求がきびしい。点火性がよい,すなわちセタン価が高い軽油が広く自動車機関などに使われている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軽油機関
けいゆきかん

石油燃料のうち軽油を燃料とする内燃機関。在来、小型の農耕用機関などには灯油を用いる火花点火機関が、漁船などの小型船舶には重油を使う焼玉機関が使用されていた。しかし、ディーゼルエンジンの小型軽量化が進んだ現在では、小型船舶、農業機関、建設機械などの大半が軽油燃料の高速回転ディーゼル機関となり、トラック、バスをはじめ乗用車にも使われている。ディーゼル機関のうち大型船舶や発電に用いられる大型のものは重油を燃料とする。[吉田正武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android