コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

載寧 さいねい Chaeryŏng

2件 の用語解説(載寧の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さいねい【載寧 Chaeryŏng】

朝鮮民主主義人民共和国黄海南道東部の郡。載寧江が形成した高度20m以内の低平な載寧平野に位置する。水利条件がよく北朝鮮有数の稲作地帯である。また,品位55%ほどの鉄鉱床が広く分布しており,20世紀初めに開かれた載寧鉱山を背景として近くの松林市で製鉄業が起こされた。中心地載寧邑は沙里院と長淵方面とを結ぶ長淵線の中間要駅があり,載寧平野の農・畜産物の集散地となっている。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

載寧
さいねい / チェリョン

北朝鮮、黄海南道(こうかいなんどう/ファンヘナムド)の東部にある載寧郡にある邑(ゆう)(町)。載寧郡の所在地。邑は載寧江(さいねいこう/チェリョンカン)の支流、側西(そくせい)川の東岸に位置している。載寧平野のほぼ中心地として載寧江流域一帯の農産物の集散地である。邑内には国営農機械作業所、農産物加工工場、農器具工場がある。邑の東方4キロメートルには石灰岩の風化残留鉱の鉄鉱山があり、褐鉄鉱を産出している。載寧―海州(かいしゅう/ヘーチュ)間の鉄道は青年たちによって敷設されたので黄海青年線といわれている。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

載寧の関連キーワード北朝鮮黄海南道大同江朝鮮民主主義人民共和国雲山会寧人民民主主義羅津海州脱北

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone