コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

沙里院 さりいん

4件 の用語解説(沙里院の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

沙里院【さりいん】

朝鮮民主主義人民共和国,黄海北道の西部にある道都。載寧平野の中心に位置し,京義線と黄海線の分岐点に当たり,西方の載寧江の水運とあわせ農産物の集散地。機械・トラクタ工場,繊維工場,日用品工場などがある。

沙里院【しゃりいん】

沙里院(さりいん)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

さりいん【沙里院 Sariwŏn】

朝鮮民主主義人民共和国黄海北道西部の都市。彦真山脈の山麓から載寧平野へ至る地域に位置する。平壌~開城線の要駅があり,海州,長淵方面への分岐点である。載寧平野の農産物集散地として発達したが,沙里院炭田の褐炭,石灰石などを背景として建材,紡織,機械等の諸工業の勃興により工業都市となった。1954年黄海道が分割され,黄海北道が新設されるとともに,その道都として地方行政の中心となっている。【谷浦 孝雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

沙里院
さりいん / サリウォン

北朝鮮、黄海北道(こうかいほくどう/ファンヘプクド)西部にある都市。道の所在地で、道行政の中心地。北朝鮮でもっとも広い載寧平野の東側にあり、古来より載寧(さいねい/チェリョン)平野の農産物の集散地であるが、1945年解放後は総合機械工場や食料品、日用品、繊維工場など軽工業が飛躍的に発展した。交通は平義・黄海線の交差点で、黄海南道(なんどう/ナムド)・北道の交通の要所。沙里院師範大学がある。[魚 塘]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の沙里院の言及

【黄海道】より

…朝鮮八道の一つである。独立後,朝鮮民主主義人民共和国に属し,行政的には載寧江を境に,東を黄海北道(道都沙里院),西を黄海南道(道都海州)に分割されている。
[自然]
 北東から南西方向へ走る彦真,滅悪二つの山脈は北部こそ1000mほどの高さをもつが,大部分は500m以下の残丘性の山地を連ねている。…

※「沙里院」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

沙里院の関連キーワード北朝鮮黄海南道黄海北道朝鮮民主主義人民共和国開城金策松林羅津松岳脱北

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

沙里院の関連情報