コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輔教編 ふぎょうへんFǔ jiào biān

世界大百科事典 第2版の解説

ふぎょうへん【輔教編 Fǔ jiào biān】

中国の雲門宗の祖師,明教大師契嵩(かいすう)の著。3巻。仏教倫理を助けるものとしての,儒教の役割と,その思想的根拠について説く。〈原教(教えとは何か)〉〈広原教〉〈勧書〉の3編より成り,契嵩の著作全集である《鐔津文集》にも収める。別にみずから注をつけた《夾注輔教編》があり,日本で再刊されて,五山文学に影響を与えた。著者は,唐の韓愈が同じ名の〈原教〉および〈原人〉〈原道〉などを書いて,儒教の伝統を明らかにし,仏教を異端として排撃するのに対し,あらためて儒仏道三教がその原理を一にすることを主張するのであり,六朝以来の同じテーマの書である《弘明集》や《広弘明集》を継承し,当初より大蔵経への編入を求めて書かれ,宋学の排仏運動に先手を打つ意図をもっていたようである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

はしか(麻疹)

◎生後7か月以後、注意する [どんな病気か]  麻疹ウイルスが感染し、発熱、せき、目の充血、全身の発疹などがおこる病気です。  子どもならだれでもかかる軽い病気と考えがちですが、体力を消耗する重い病気...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android