広弘明集(読み)こうぐみょうしゅう(英語表記)Guang-hong-ming-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

広弘明集
こうぐみょうしゅう
Guang-hong-ming-ji

中国,道宣貞観 18 (644) 年に撰述。 30巻。梁の僧祐による『弘明集』にならって編集された仏教擁護のための論書。仏教初伝以来唐の初めにいたるまでの,論説文書詩賦語録銘文など 296編を収録したものである。特に仏教と道教との交渉を知るのに重要な資料である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こうぐみょうしゅう〔クワウグミヤウシフ〕【広弘明集】

中国の仏教書。30巻。唐の道宣編。664年成立。「弘明集」にならって、それにもれた六朝時代から唐初までの仏教関係の資料を集めたもの。仏教と道教との交渉を知るための資料として重要。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こうぐみょうしゅう【広弘明集】

中国の仏教書。唐の道宣編。三〇巻。「弘明集」にならい六朝りくちようから初唐までの仏教者の詩文などを集める。664年成立。中国仏教思想史、特に道教との関係を知るための基本資料。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

こうぐみょうしゅう クヮウグミャウシフ【広弘明集】

中国の仏書。三〇巻。唐の道宣編。麟徳元年(六六四)に成立。体裁を梁の僧祐の「弘明集」にならって、六朝から唐初までの仏教関係の文書、詩賦、銘文を集めたもので、帰正、仏徳、僧行など一〇編から成る。道教に対して仏教の立場を明らかにしたもので、仏道二教の交渉を知る貴重な資料とされる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android