コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

弘明集 ぐみょうしゅうHong-ming-ji

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

弘明集
ぐみょうしゅう
Hong-ming-ji

中国,梁の僧祐の撰。 14巻。東晋以来の儒教仏教道教の主要な人物の間でかわされた論争を集録した書で,いわば当時の中国における仏教排撃運動に対し,仏教者側から,仏教の重要性を説き示したもの。したがって,仏教の哲学思想が,儒教,道教など中国独自の思想の用いる言葉をもって解釈され,説明されている。論争の記録としても興味深い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぐみょうしゅう【弘明集 Hóng míng jí】

中国,梁の僧祐(そうゆう)(445‐518)が仏教を〈弘め明らかにする〉上で有益な先人たちの論文・書簡など57編を14巻に編集した書。ついで唐の道宣(596‐667)はそれ以外の唐初までの文章273編あまりを集め,〈弘明を総べ広め〉て《広弘明集》30巻を作った。この二つの書は仏教伝来以後の中国における仏教理解と受容の過程,儒教・道教との対立交渉,国家との関係を知る上での基本文献である。【川勝 義雄】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

弘明集
ぐみょうしゅう

中国、梁(りょう)代の仏教論集。14巻。漢訳仏典目録『出三蔵記集』の編者でもある梁の僧祐(そうゆう)(445―518)の編集。中国伝入以後の初期の仏教は、儒教の盛行する中国においてつねに夷狄(いてき)の教として蔑視(べっし)され、排斥されることが多かった。仏教が中国人の宗教として定着するまでには、儒教、道教を含めて、三教交渉に関する論著が多く公表された。僧祐は「道は人によって(ひろ)められ、教は文によってらかにされる」との立場により、護法の目的をもって代表的な議論を集録したのが本書である。初期中国仏教の解明には不可欠の貴重な資料集である。[牧田諦亮]
『牧田諦亮編『弘明集研究』上中下(1973~75・京都大学人文科学研究所)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

弘明集の関連キーワード太田 悌蔵法苑珠林輔教編厨子