輝度計(読み)きどけい(英語表記)luminance meter

世界大百科事典 第2版の解説

きどけい【輝度計 luminance meter】

光源の輝度を測定する装置。この場合,光源とは自ら光を発するものだけでなく,すりガラスなどのように光を散乱して透過するものや一般の物体のように光を拡散反射するものなど,いわゆる二次光源も含める。輝度は図1のように光源の微小面から,観測方向を含む微小立体角内に放出される光束(単位時間当りの光量)を,その微小面の見かけの面積および立体角で割ったものである。輝度計の原理は図2のように,レンズにより被測定面の微小部分のを受光器上に結ばせ,絞りにより入射光線束の立体角を適当に制限して測光するものである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の輝度計の言及

【測光】より

標準比視感度
[測光器]
 測光を行う装置を測光器という。もしそれが光度を測るものなら光度計,照度なら照度計,輝度なら輝度計である。これら測光器の使用に際しては,何を測ろうとするかによって異なった使い方となるので注意が必要である。…

※「輝度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

指定感染症

感染症法(感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律)の一類~三類感染症に分類されていない感染症のうち、一類~三類に相当する対応の必要が生じたものについて、1年間を期限に政令で指定する感染症...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android