輪ばね(読み)わばね(英語表記)ring spring

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輪ばね
わばね
ring spring

内側に傾斜面のある外輪と,外側に傾斜面のある内輪とを互いに接触するよう順次はめ合せ,ばね作用をもたせたもの。この場合傾斜面は摩擦面になる。圧縮の衝撃エネルギーを内・外輪間の摩擦熱として吸収し,さらに圧縮時と復元時の荷重-変位の関係から,振動をも減衰させることができ,大きい圧縮荷重にも耐えうるので,鉄道車両の連結器の緩衝用ばねとして広く利用されている。材料には機械構造用マンガンクロム鋼などの特殊用途鋼が用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の輪ばねの言及

【ばね】より

…現在でも,自動車玩具,リール,自動車のシートベルトの伸縮機構などに利用されており,とくに,最近になって成形加工技術の進歩に伴い,蓄積できる単位体積当りのエネルギー量は大幅に増大している。(4)輪ばね 円錐斜面をもったリング状の内輪,外輪を組み合わせて作られたばね(図2-d)。ばねがたわむとき,内輪,外輪の間ですべりが起こり,大きさのわりに大きな振動エネルギーを吸収することができ,緩衝用によく利用されている。…

※「輪ばね」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android