コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

輸出認証 ゆしゅつにんしょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

輸出認証
ゆしゅつにんしょう

輸出貿易管理令に基づいて外国為替銀行が輸出貨物の代金の回収が政令で定める方法によって行われることを証明すること。この場合の決済としては,標準決済と,標準外決済として通商産業大臣の承認を得た方法との2通りがある。本来の目的は輸出に伴う外貨の受取りを確実にして外貨を確保することにあったが,1980年 12月改正の外国為替及び外国貿易管理法 (外為法) の施行に伴い廃止された。なお輸出認証をベースに毎月発表されていた輸出認証統計も同時に廃止された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

輸出認証の関連キーワード輸出貿易管理令輸出確認統計輸出報告書無為替輸出国際収支貿易統計

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android