コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辛島祥平 からしま しょうへい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辛島祥平 からしま-しょうへい

1833-1897 明治時代の殖産家,俳人。
天保(てんぽう)4年生まれ。豊前(ぶぜん)宇佐郡(大分県)の人。滋賀県から桑の苗を購入し,養蚕をはじめる。さらに機織師をまねいて辛島織をおこし,明治18年絹織工養成の国華校を設立。大分県農会の初代会長。また無味庵如灰に俳諧(はいかい)をまなび,一派をなした。明治30年死去。65歳。号は静斎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

辛島祥平の関連キーワード明治時代天保俳人

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android