コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辰松風 タツマツフウ

デジタル大辞泉の解説

たつまつ‐ふう【×辰松風】

《江戸中期、辰松八郎兵衛が結い始めたところから》男子の結髪の一。元結で髷(まげ)の根を高く巻き上げ、毛先を極端に下向きにしたもの。これにならって島田髷の根を高く結った髪形を辰松島田といった。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

たつまつふう【辰松風】

〔享保(1716~1736)の頃、辰松八郎兵衛が結い始めたことから〕
男の髪の結い方の一。髷まげの根を高く据え、元結を長く巻き上げ、毛先は極端に下向きにしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の辰松風の言及

【髪形】より

…髻を二つに折るいわゆる〈二つ折れ〉の形式には,おもな髻に茶筅(ちやせん)髻,銀杏(いちよう)髻,本多(ほんだ)髻などの系統が生まれ,女性の髪形の場合と同様に,武士,町人の区別はもとより,職業によっても各人の髪形に変化がみられた。江戸中期以後は,これらの髻形を基本として,辰松(たつまつ)風,文金風,本多風という三つの流れをもつ髻形へと移行した。辰松風とは,享保年間(1716‐36)辰松八郎兵衛という人形遣いの名人の結った髻で,髻の刷毛先が短く,先端が急こう配に折れ曲がっていて,根を高く巻きあげその芯に針をさして固定したともいう。…

※「辰松風」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

辰松風の関連キーワード文金風

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android