操り人形(読み)アヤツリニンギョウ

デジタル大辞泉の解説

あやつり‐にんぎょう〔‐ニンギヤウ〕【操り人形】

操り芝居に用いる人形。糸操り手遣いとがある。
他人の言うとおりに、どうにでも動く人。傀儡(かいらい)。「彼は社長の操り人形にすぎない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

あやつりにんぎょう【操り人形】

操り芝居に用いる人形。手遣い人形と糸操り人形とがある。また、その芝居。あやつり。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の操り人形の言及

【操り】より

…操り人形芝居の略で,手で操作する人形を意味するが,狭義には文楽人形を指す。〈あや〉は糸のことで,本来は糸操り(マリオネット)の意味と思われる。…

※「操り人形」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

操り人形の関連情報