コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農林漁業金融 のうりんぎょぎょうきんゆう

1件 の用語解説(農林漁業金融の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農林漁業金融
のうりんぎょぎょうきんゆう

農業,林業,漁業など第1次産業を対象とした資金の貸出し,ないし信用の授受のこと。長期性,危険性,季節性,地域性,経営単位の零細性と大量性という特徴をもっている。第1次産業は他の産業に比べて相対的に劣弱であるので,長期低利の貸付金であることが要求される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

農林漁業金融の関連キーワード第3次産業一次産品産業排水第一次産業第二次産業原始産業食料産業県内の1次産業6次産業化6次産業

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農林漁業金融の関連情報