コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農林漁業金融 のうりんぎょぎょうきんゆう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農林漁業金融
のうりんぎょぎょうきんゆう

農業林業漁業など 1次産業を対象とした資金の貸し出し,ないし信用の授受のこと。1次産業には長期性,危険性,季節性,地域性,経営単位の零細性と大量性という特徴があり,ほかの産業に比べて相対的に劣弱であるので,長期低利の貸付金であることが要求される。今日の日本では農林漁業金融協同組合組織による系統金融(農業協同組合森林組合漁業協同組合およびそれぞれの連合会,農林中央金庫)と財政投融資による制度金融の二つを中心にして行なわれている。制度金融については特別会計を通じて行なっているものもあるが,大部分の長中期資金は日本政策金融公庫(→農林漁業金融公庫)を通じて行なわれている。また,農林漁業金融の信用保証機関として農林漁業信用基金がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

農林漁業金融の関連キーワード日本政策金融公庫(株)農業法人投資育成会社政府系金融機関改革国民生活金融公庫中小企業金融公庫農業動産信用法行政改革推進法政府系金融機関スーパーL資金正示 啓次郎公的金融改革政府金融機関国際協力銀行農林公庫資金政府関係機関政策金融改革国民金融公庫資金運用部AFFFC政策金融

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android