コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

農林漁業金融公庫 のうりんぎょぎょうきんゆうこうこ

6件 の用語解説(農林漁業金融公庫の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

農林漁業金融公庫
のうりんぎょぎょうきんゆうこうこ

農林漁業金融公庫法に基づいて設立された政府金融機関。農林漁業者に対し,農林中央金庫やその他一般金融機関では融資困難な生産力の維持増進に必要な長期低利資金を融資するのが目的。農林漁業資金融通特別会計の後身。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

のうりんぎょぎょう‐きんゆうこうこ〔ノウリンギヨゲフ‐〕【農林漁業金融公庫】

長期かつ低利の資金を通じて農林水産業の発展を支援することを目的とする政府金融機関。昭和28年(1953)設立。平成20年(2008)10月、国民生活金融公庫中小企業金融公庫などを統合して設立された株式会社日本政策金融公庫へ移行。AFFFC(Agriculture, Forestry and Fisheries Finance Corporation)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

農林漁業金融公庫【のうりんぎょぎょうきんゆうこうこ】

農林中央金庫その他一般金融機関からの融資が困難な農林漁業者に長期融資を行う政府金融機関。同公庫法に基づき全額政府出資で1953年設立。資金源は資本金のほか資金運用部(現,財政融資資金)等からの借入金
→関連項目漁業金融公庫農業金融

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

農林水産関係用語集の解説

農林漁業金融公庫

農林漁業金融公庫法に基づき、昭和28年に設立された全額政府出資の政府系金融機関
[1] 農林漁業者に対し、農林漁業の生産力の維持増進に必要な長期かつ低利の資金
[2] 食品の製造、加工又は流通の事業を営む者に対し、食料の安定供給の確保に必要な長期かつ低利の資金であって、一般の金融機関が融通することを困難とするものを融通することを目的としている。

出典|農林水産省
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

のうりんぎょぎょうきんゆうこうこ【農林漁業金融公庫】

農林漁業に対して,農林中央金庫やその他の民間金融機関では困難な長期・低利の資金を融通し,生産力の維持増進をはかるために,農林漁業金融公庫法に基づき全額政府出資で設立された政府系金融機関(特殊法人)。農林漁業の投資,とくに土地改良投資を促進するために財政補助による低利資金を融資する制度は古くからあるが,1951年に農林漁業資金制度が特別会計として発足し,その業務を受けついで,53年4月に開業した。当初は政府出資金を資金源としたが,現在は主として大蔵省資金運用部からの借入金を貸し付けている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

農林漁業金融公庫
のうりんぎょぎょうきんゆうこうこ

1953年(昭和28)に農林漁業金融公庫法に基づいて設立された全額政府出資の政府金融機関。設立の目的は、農林漁業者に対し、農林漁業の生産力の維持増進に必要な長期かつ低利の資金で、農林中央金庫その他一般の金融機関が融通することを困難とするものなどを融通することにあった。しかし、2005年(平成17)に出された「政策金融改革の基本方針」において「農業・林業・水産業向けの超長期低利融資機能は、資本市場が代替できない範囲に限って、残す」「食品産業向け金融は、大企業・中堅企業向けは撤退するが、中小企業向けは、10年超貸付に限定して残す」という方針が決まった。この方針に基づき、2006年の「政策金融改革に係る制度設計」に沿って、中小企業金融公庫、国民生活金融公庫、国際協力銀行国際金融部門)とともに、2008年10月日本政策金融公庫日本公庫)に統合され、当該公庫に事業承継されている。統合されたとはいえ、民間金融だけではファイナンシャル・ギャップを生じやすい分野への専門的金融の必要性は変わらないことから、農林漁業金融公庫の事業そのものは日本公庫の「農林水産事業」として引き継がれている。[前田拓生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の農林漁業金融公庫の言及

【公庫】より

…100%政府出資の政府金融機関で,国民金融公庫住宅金融公庫,農林漁業金融公庫,中小企業金融公庫,北海道東北開発公庫,環境衛生金融公庫,公営企業金融公庫,中小企業信用保険公庫,沖縄振興開発金融公庫がある(1996年末現在)。これらの公庫は,おもに財政投融資資金などの政府資金を,それぞれの公庫が担当する特定分野に低利で貸し付け,政府が行政目的を遂行する一助にされる。…

【水産金融】より

…これには組合系統金融(単に系統金融ともいう)とそれを補完する制度金融(〈政策金融〉の項参照)とがある。前者の頂点に立つのが農林中央金庫(農林中金),後者のそれが農林漁業金融公庫(農林公庫)であり,大手資本には一般金融機関が応ずる。戦前期からの歴史をもつ系統金融機関および農林公庫は,1950年代前半に制度的骨組みを整備し,高度成長期に躍進する。…

【農業金融】より

…これは農業発展に必要な長期・低利の資金を供給するために,財政資金を貸し付けたり,財政で利子補給を行ったりするものである(政策金融)。土地改良事業に対する長期・低利の融資は明治の末年から行われていたが,1953年にはそれを主務とする農林漁業金融公庫が政府系金融機関の一つとして設立された。その後同公庫は個別農業経営の投資資金をも融資するようになり,現在では農林漁業金融公庫の農業向け資金は制度金融の柱の一つになっている。…

※「農林漁業金融公庫」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

農林漁業金融公庫の関連キーワード金融債農林中央金庫JAバンク農林中金再編強化法農林漁業改良普及手当農林漁業普及指導手当農林公庫資金農林漁業の体験等を介した交流水産金融

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone

農林漁業金融公庫の関連情報