劣弱(読み)れつじゃく

精選版 日本国語大辞典「劣弱」の解説

れつ‐じゃく【劣弱】

〘名〙 (形動) おとっていて弱いこと。また、そのさま。
※秘蔵宝輪(830頃)上「第三〈弱愚朦、以此咳児
※京大二十冊本毛詩抄(1535頃)「宣王の令幽王王の後ぢゃほどに劣弱な時分ぢゃほどに結構にたをといていかれたぞ」 〔郭璞‐辞尚書郎表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android