辺城(読み)へんじょう

精選版 日本国語大辞典「辺城」の解説

へん‐じょう ‥ジャウ【辺城】

〘名〙 辺境を守備する。国境の城。
万葉(8C後)五・八六四右詞文「至、懐古旧而傷年矢停、憶平生而落上レ涙」 〔戦国策‐燕策〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

普及版 字通「辺城」の解説

【辺城】へんじよう(じやう)

辺地の城。岑参胡笳曲、顔真の使して西に赴くを送る〕 邊夜夜、愁多し に向ふの胡笳、誰(たれ)か聞くを喜ばん

字通「辺」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android