コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡笳 コカ

3件 の用語解説(胡笳の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こ‐か【××笳】

中国古代北方民族の胡人が吹いたという、葦(あし)の葉で作った笛。
琴の曲名。の調べを琴の曲としたもの。の国に長く捕らわれていた後漢の蔡琰(さいえん)の作という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こか【胡笳 hú jiā】

中国のダブルリード気鳴楽器。箛(こ),葭(か),吹鞭の別称がある。大小2種あり羊角または羊骨製。前漢(前2世紀)に軍楽が制定されたとき,胡角(角笛の一種)とともに匈奴より入り,後漢(1世紀)以降,鼓吹(軍楽および王侯の行列音楽),また一般奏楽に使用された。宋の陳暘(ちんよう)(11世紀)は無孔とするが,魏・晋(3~5世紀)の《笳賦(かふ)》に音階名が見られ,《宋書》楽志に,漢代の《箏笛録》に胡笳の曲が存在したと述べてあり,有孔のものもあったが,九孔の篳篥(ひちりき)にやがて代わったと推測できる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

こか【胡笳】

古く中国北方の胡人が吹いた葦あしの葉の笛。哀調深いものとして詩文に詠み込まれる。
篳篥ひちりきの類の別名。
七弦琴の曲名。の調べを模したものと伝える。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

胡笳の関連キーワードオーボエ管子気鳴楽器弦鳴楽器膜鳴楽器ダブルリードダブル・ダブルビタワン君のダブルソフト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone