岑参(読み)しんじん(英語表記)Cen Shen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岑参
しんじん
Cen Shen

[生]開元3(715)
[没]大暦5(770)
中国,盛唐の詩人。荊州江陵 (湖北省) の人。天宝3 (744) 年進士に及第,安西節度使高仙芝 (こうせんし) の掌書記をはじめ,しばしば西北辺境地域の官についた。安禄山の乱のため,至徳1 (756) 年中央に帰り,殿中侍御史,起居舎人,庫部郎中などを経て嘉州 (四川省楽山県) の刺史に任じられたが,任期満了後都へ帰る途中,成都の旅舎で病没した。その官名によって岑嘉州とも呼ばれる。その詩は悲憤慷慨と評され,特に辺境での体験に基づくいわゆる「辺塞詩」はエキゾチックな雰囲気をもち,七言歌行に秀作が多い。高適 (こうせき) とともにいわゆる「辺塞詩人」の代表。詩集『岑嘉州詩』 (7巻) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

岑参【しんさん】

岑参(しんじん)

岑参【しんじん】

中国,盛唐の詩人。〈しんさん〉とも。江陵(湖北省)の人。744年に進士に及第した後,嘉州(四川省)の刺史をつとめ,西域のきびしい風物や人事をあるいは雄々しくあるいは悲壮に歌った。高適(こうせき)とともに辺塞(へんさい)詩の第一人者。《岑嘉州集》7巻がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しんじん【岑参 Cén Shēn】

715‐770
中国,盛唐の詩人。荆州江陵(湖北省)の人。天宝3年(744)の進士で,嘉州(四川省)の刺史をつとめたことから岑嘉州と呼ばれる。西域の風物や従軍生活,異民族の文化を題材とした作品に秀作が多く,辺塞詩人の異名を取る。〈平沙万里 人烟を絶つ〉と歌う七言絶句〈磧中(せきちゆう)の作〉はその代表例。友人高適(こうせき)とともに〈高岑〉と並称され,また南宋の大詩人陸游に熱愛されるなど後世への影響も大きい。《岑嘉州詩》7巻が伝わる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しんさん【岑参】

しんしん【岑参】

〔「しんじん」 「しんさん」とも〕 (715~770) 中国、盛唐の詩人。嘉州刺史となったので岑嘉州しんかしゆうとも呼ばれる。辺境の風物を歌うのを得意とし、友人高適こうてきと並び称される。詩文集「岑嘉州集」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岑参
しんしん
(715―770)

中国、唐代盛期の詩人。「しんじん」とも読む。江陵(こうりょう)(湖北省)の人。太宗のときの宰相岑文本(しんぶんぽん)の曽孫(そうそん)で、744年(天宝3)の進士。安西節度使、安西北庭都護の書記官として、再度、西域(せいいき)の砂漠生活をもち、その体験に基づく塞外詩(さいがいし)は、豊かな空想力のうちに異国情緒を生き生きとかき立て、唐詩のうちに独自の地位を占める。「君聞かずや胡笳(こか)の声の最も悲しきを、紫髯緑眼(しぜんりょくがん)の胡人吹く」という句に始まる「胡笳の歌」はことに有名である。安禄山(あんろくざん)の乱後、右補闕(うほけつ)として中央にあったころ、左拾遺(さしゅうい)の官にあった杜甫(とほ)の知遇を受ける。その詩集を『岑嘉州集(しんかしゅうしゅう)』とよぶのは、最終官が嘉州(四川(しせん)省)の刺史(しし)であったことによる。401編の詩と1編の散文を伝える。[黒川洋一]
『鈴木修次著『唐代詩人論 上』(1973・鳳出版) ▽小川環樹編『唐代の詩人――その伝記』(1975・大修館書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

しん‐しん【岑参】

(「しんじん」「しんさん」とも) 中国、唐代の詩人。湖北江陵の人。嘉州(四川)刺史をつとめたことから岑嘉州と呼ばれる。戦場を往来し、辺境・砂漠の遠征や別離の情をうたった詩は著名で、高適・王昌齢・王之渙らと共に辺塞詩人として名がある。詩集「岑嘉州集」がある。(七一五頃‐七七〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android