コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻元崧庵 つじもと すうあん

1件 の用語解説(辻元崧庵の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

辻元崧庵 つじもと-すうあん

1777-1857 江戸時代後期の医師。
安永6年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)林田藩医。多紀元簡(たき-もとひろ)にまなぶ。弘化(こうか)4年幕府の医官,将軍家の侍医となる。安政元年法印にすすみ,為春院の号をあたえられた。安政4年3月6日死去。81歳。字(あざな)は山松。別号に冬嶺。著作に「脚気集要論」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

辻元崧庵の関連キーワード三角了敬阿部古仙池田霧渓神戸習悦佐藤圭陰沢田玄良津田棕亭百々俊道守矢祥庵渡辺質

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone