コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

辻斬 つじぎり

世界大百科事典 第2版の解説

つじぎり【辻斬】

路上で不意に通行者を切り殺すこと。江戸時代,武士が自己の剣技あるいは刀の切れ味をためすために行い,ことに江戸時代初期に流行して治安をみだした。幕府はしばしば禁令を発しており,《公事方御定書(くじかたおさだめがき)》(1742)下巻71条には〈辻切いたし候もの,引廻(ひきまわし)の上死罪〉と規定している。江戸時代中期以後は減少したが,幕末には暗殺,強盗などの形でこれが復活している。【平松 義郎】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内の辻斬の言及

【様斬】より

…朝右衛門はまた,町奉行同心に代わって斬首刑の首打役(くびうちやく)を務めることがあり,その際に大名,旗本,陪臣から依頼された刀をためした。なお路上に通行人を襲う辻斬(つじぎり)にも様斬の目的をもつものがあったが,これはもとより犯罪として罰せられた。【加藤 英明】。…

※「辻斬」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

辻斬の関連キーワード薩摩藩邸焼打ち事件粂平内・久米平内成松 和一伊牟田尚平権八小紫平井権八白井権八牧野省三徳川忠長辻斬り六方者下手人旗本奴辻番試斬小紫

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

辻斬の関連情報