コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近世物之本江戸作者部類 きんせいもののほんえどさくしゃぶるい

世界大百科事典 第2版の解説

きんせいもののほんえどさくしゃぶるい【近世物之本江戸作者部類】

蟹行散人(かいこうさんじん)(曲亭馬琴)が著した江戸文学の作者事典。1834年(天保5)成稿。写本2冊。いわゆる赤本(あかほん)などの発生期の江戸戯作にはじまり,天保年間(1830‐44)にいたる,草双紙洒落本滑稽本人情本黄表紙合巻(ごうかん),読本(よみほん)の作者のべ148名について,いちいち,その著作・伝記(本名,身分,生没,世評)をできるかぎり克明に調べ,赤本,洒落本,中本(ちゆうほん),読本の作者に分類し,集成したもの。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

近世物之本江戸作者部類の関連キーワード西村屋与八(2代)東海道中膝栗毛下駄屋甚兵衛

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android