コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近優り チカマサリ

デジタル大辞泉の解説

ちか‐まさり【近優り】

[名](スル)離れているときよりも、近くにいるときのほうが、よく見えたり感じられたりすること。⇔近劣り
「俊三の想って居たにも増して―する親切に」〈木下尚江良人の自白
「聞こしめししにも、こよなき―を」〈・真木柱〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ちかまさり【近優り】

( 名 ) スル
近づいて見ると、遠くで見るより、すぐれて見えること。 ⇔ 近劣り 「御心ざしの、-するなるべし/源氏 明石

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android