近江屋長兵衛(初代)(読み)おうみや ちょうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近江屋長兵衛(初代) おうみや-ちょうべえ

1750-1821 江戸時代中期-後期の商人。
寛延3年生まれ。叔父の綿商河内屋武兵衛の養子となる。大坂道修(どしょう)町の薬種仲買商近江屋喜助につかえ,天明元年堺(さかい)筋に店をもつ。和薬漢薬・西洋薬を手がけ,地方取引をひろげ,武田薬品工業の祖となる。文政4年死去。72歳。大和(奈良県)出身。本姓は竹田。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android