コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近江屋長兵衛(初代) おうみや ちょうべえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近江屋長兵衛(初代) おうみや-ちょうべえ

1750-1821 江戸時代中期-後期の商人。
寛延3年生まれ。叔父の綿商河内屋武兵衛の養子となる。大坂道修(どしょう)町の薬種仲買商近江屋喜助につかえ,天明元年堺(さかい)筋に店をもつ。和薬漢薬・西洋薬を手がけ,地方取引をひろげ,武田薬品工業の祖となる。文政4年死去。72歳。大和(奈良県)出身。本姓は竹田。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近江屋長兵衛(初代)の関連キーワード近・現代ラテンアメリカ史(年表)ファナリオテスバイロンマンゾーニザンド朝聖ミヒャエリス教会トーマス教会ウェールズ文学怪談(妖怪や幽霊にかかわる話)華岡青洲

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android