コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近習出頭人 キンジュシュットウニン

大辞林 第三版の解説

きんじゅしゅっとうにん【近習出頭人】

江戸幕府初期の職名。のちの側用人そばようにん

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の近習出頭人の言及

【近習】より

…鳥取藩でははじめ君側に近侍する者の総称であったが,側近の役の職名が分化し,狭義には児小姓(ちごごしよう)の元服後も主君身辺の雑務に携わった者を称するようになったという。
[近習出頭人]
 制度化された役職ではなく,将軍や大名の近習として主君の信任を得て政務の要職に抜擢された者をいう。近世初期の幕政・藩政に近習出頭人の存在は大きいが,とくに幕府においては初代家康から3代家光にかけて,譜代の系譜をもたぬ者が将軍の近習を形成し,それが書院番頭,小姓組番頭など親衛隊長を兼ね,さらに政治中枢に進出して幕府支配体制の確立に活躍した。…

※「近習出頭人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

近習出頭人の関連キーワード梅津政景日記大河内正綱大御所時代秋元泰朝堀田正信阿部忠秋松平正綱板倉重昌阿部重次側用人出頭人秋元氏近習

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android