近習出頭人(読み)きんじゅしゅっとうにん

精選版 日本国語大辞典の解説

きんじゅ‐しゅっとうにん【近習出頭人】

〘名〙 江戸初期、将軍の耳目となり、内密の相談にもあずかった人。小姓組番頭、勘定奉行、若年寄、側衆などをつとめながらこの殊遇を受けたが、老中に進んだ者もいる。のちの側用人(そばようにん)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の近習出頭人の言及

【近習】より

…鳥取藩でははじめ君側に近侍する者の総称であったが,側近の役の職名が分化し,狭義には児小姓(ちごごしよう)の元服後も主君身辺の雑務に携わった者を称するようになったという。
[近習出頭人]
 制度化された役職ではなく,将軍や大名の近習として主君の信任を得て政務の要職に抜擢された者をいう。近世初期の幕政・藩政に近習出頭人の存在は大きいが,とくに幕府においては初代家康から3代家光にかけて,譜代の系譜をもたぬ者が将軍の近習を形成し,それが書院番頭,小姓組番頭など親衛隊長を兼ね,さらに政治中枢に進出して幕府支配体制の確立に活躍した。…

※「近習出頭人」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android