コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤浩斎 こんどう こうさい

1件 の用語解説(近藤浩斎の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤浩斎 こんどう-こうさい

1781-1861* 江戸時代後期の儒者。
天明元年生まれ。尾張(おわり)名古屋藩の付家老をつとめる美濃(みの)(岐阜県)今尾の竹腰家家臣。名古屋藩儒中村習斎にまなぶ。領主竹腰正定が創立した文武館のほか,家塾愛敬堂で子弟の教育にあたった。門人に細野要斎ら。万延元年12月22日死去。80歳。名は祗良,主静。通称は彦三郎。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

近藤浩斎の関連キーワード藩学一覧炭酸塩岩脈文久鶴岡蘆水松平輝高伊丹椿園朋誠堂喜三二瀬川菊之丞ちっとそうもござるまい長松小僧

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone