コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

近藤親家 こんどう ちかいえ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

近藤親家 こんどう-ちかいえ

?-? 平安後期-鎌倉時代の武士。
藤原師光(もろみつ)の6男。父が鹿ケ谷(ししがたに)事件に関与したため,阿波(あわ)(徳島県)板野郡に隠棲(いんせい)する。元暦(げんりゃく)2年(1185)讃岐(さぬき)(香川県)屋島の平家軍を討つため,阿波に上陸した源義経の案内役をつとめたという。通称は近藤六。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

近藤親家

生年:生没年不詳
平安末期の武士。阿波国(徳島県)板野郡の住人。板西近藤六(または近藤七)と号す。西光(藤原師光)の子ともいうが未詳。源平合戦では当初平家方であったが,文治1(1185)年伊勢三郎能盛に伴われ,阿波国勝浦に上陸した源義経を屋島へと案内し,義経の勝利に貢献した。

(西村隆)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone